忍者ブログ

馬に乗ってみよ人に添うてみよ

まず実際に体験してみよう。ということで、出かけた先、購入したもの、食べてみたものなどの感想をつれづれと書いてみたいと思います。
2017/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ガソリン高騰及びエコの観点からか、ようやく日本国内にクリーンディーゼル導入の動きが出ていましす。
先日、日産もクリーンディーゼルのエクストレイル2.0GTを発表しましたが、マツダも新型クリーンディーゼルの開発を発表しました。

記事は「こちら」「こちら」

こちらは国内導入はあるんでしょうか。
エクストレイル2.0GTは、10.15モードで15.2km/L(J08モードで14.2km/L)、マツダの新エンジンは、5.6L/100kmということなので、このまま単純計算した場合は(10.15モードの数値とはとはもちろん違うが)17km/Lを越えます。
エクストレイル2.0GTが排気量2Lに対して、マツダは2.2Lなのでもし国内で販売された場合は、もちろんエクストレイルよりも数値は落ちると想像されます。

いずれにせよ、ガソリンエンジンよりも大幅にいい数値ですし、最大トルクに関しては、エクストレイル2.0GTで36.7kgm/2000rpm、マツダの新型クリーンディーゼルに関しては40.8kgfmという数値が発表されており、同排気量にターボをつけたものと同等くらいでしょうか?(もちろん発生回転数は大幅に違う)
国内において最近のガソリン自動車はターボ搭載車が減り、排気量が大きくなる傾向が強いと思います。自動車税や排気量アップや車格アップに伴う車重増などで、税金が高くなる傾向が強く、政府としてはその動きの方が嬉しいのかもしれませんが、ユーザー側から言うと、全部が全部排気量アップしてしまうのはどうしたもんかと思っていました。
環境のことも考慮して、これからは低回転高トルクのクリーンディーゼルを高排気量車に取って代わるのもいいんじゃないかと思いました。

ただし問題もあって、どうやら今のATでは規制をクリアできないため、国内では販売できないようです。ですのでエクストレイル2.0GTは、6速MTのみの販売となります。現在、国産車のほとんどがATとなっている日本国内において、MTは高い敷居となってしまいました。AT限定じゃない免許のお持ちの方です「えー!もうMTなんて運転できないよ」という方も少なくないんじゃないでしょうか。

CVTの場合、どうなのか分かりませんが、その場合、高トルクに耐えるのが難しいのかもしれません。MTでいけるのであれば、2ペダルMTかつ最近もっぱらDCT(Dual Clutch Transmission)と呼ばれているAT(三菱のSSTやVWのDSGなど)を開発し、搭載すれば国内導入も販売も先行きが明るいのではないかなぁと思っています。

現在、僕はMTの車に乗っていますが、DCTには興味があります!!(←おい、それかい^^;)
PR
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログ内検索

プロフィール

HN:
ぽっちぃ
性別:
男性
自己紹介:
おでかけとスィーツが大好きなおっさんです(笑)
ついでに家電も好きです(爆)

お天気情報


-天気予報コム-

カウンター

最新コメント

[04/26 ぽっちぃ]
[04/24 papa]
[05/22 ぽっちぃ。]
[05/22 みみ]
[04/16 ぽっちぃ。]

あし@

スバルブログ

SUBARU OFFICIAL Fan Net

バーコード

フリーエリア

アクセス解析

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 馬に乗ってみよ人に添うてみよ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]